読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こ~ち個別指導塾ブログ

仙台、東京を拠点に活動しています。最新の認知科学に基づいたコーチングを導入した個別指導塾です。お申込みはこちらへinfo.hagiuda.ch☆gmail.com(☆を@へ変換)

教えても成績はあがらない?

試験で点を取るにはどうすればいいのでしょうか?

当然ですが、 試験本番で求められている答えを書く必要があります。

 

それができるようになるためには、知識を自分で使えるようにして、それを頭の中にストックしておく必要があります。

誰かに一度説明してもらうだけで、自分なりに解釈して暗記できる人はそれでいいでしょう。

そういう人のことを天才と呼びます。

天才以外の普通の人はどうしても「能動的な行動」が必要になります。

授業を受けて家に帰った後に、汗を書いて覚えるという行為をしなければなりません。

 

これは本人がやる気にならなければ絶対にできません。

頭の中まで他人が強制することはできないからです。

自分本人にさえ、やる気がない自分にやらせることはできません。

つまり、結果に直結しているのは、本人のモチベーションだということです。

 

その結果に直結するモチベーションを生み出すヒントがコーチングにはあります。